副業活用事例が拡大 専用サイトでマッチング 福島県

2021.12.17 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 福島県では、独自に開設した副業マッチングサイトにより、首都圏で勤務する人材が同県内の企業で副業するケースが拡大している。昨年6月に導入したもので、県単位で同種のサイトを運用するのは、全国でも唯一の取組み。現在までに180以上の事例がマッチングに至り、副業を望む1045人が登録している。

 マッチングに至った事例には、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年12月27日第3334号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。