雇調金の特例段階的縮小へ 厚労省

2021.11.26 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は雇用調整助成金の特例措置を、来年1月以降段階的に縮小していく方針を決めた。1日の助成額の上限を現在の1万3500円から1~2月は1万1000円、3月は9000円に引き下げる。4月以降の取扱いは2月末までに決定する。

 時短営業に協力した事業主と生産指標が前年同期比で30%以上減った事業主を対象とした地域特例・業況特例の上限は、日額1万5000円のまま維持するとした。

令和3年12月6日第3331号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。