過去最高800件超に コロナ禍受け相談急増 山梨労働局・育介均等関連

2021.09.15 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 山梨労働局(生方勝局長)が取りまとめた令和2年度の雇用均等関係法令の施行状況によると、相談件数が過去最高の855件に上ることが分かった。新たにパワーハラスメントなどの労働施策総合推進法に関する相談が集計対象となったことに加え、新型コロナウイルスの影響から大幅に増加したとみている。同法関連の相談件数を除いても、前年度から232件増加した。

 相談件数が最も多かったのは…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年9月13日第3320号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ