工場長集め意見交換 安全活動など議論 石油化学工業協会

2017.03.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 三井化学㈱や旭化成㈱など29社で構成する石油化学工業協会(淡輪敏会長)で、安全などに関する取組みのレベルアップを図る動きが活発化してきている。会員企業の好事例の水平展開をめざし、現場に最も近い経営層である工場長を集めて意見交換会を開いた。

 同協会では平成24~27年、各社の社長を集めて保安についての意見交換会を定期的に開催していた。この取組みが進展したものが、工場長を集めた意見交換会だ。

 このほど、神奈川県川崎市で開かれた会では、安全活動や教育、女性活用が議題となった。

 安全活動については、「多忙感・やらされ感が生まれているため整理が重要」との指摘が出た。活動が多岐にわたることで課長クラスの仕事量が増え、マネジメントができなくなることがあるとの意見もある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年2月27日第3102号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ