Web限定ニュース

2019.08.21 【Web限定ニュース】
4割が「ハザードマップ確認していない」 企業の防災・減災で調査 大商 NEW

 平成31年に発生した大阪北部地震や西日本豪雨といった災害の後、事業所や工場が所在する市町村のハザードマップの確認をしていない企業が4割に――大阪商工会議所が令和元年5~6月に実施した「企業の防災・減災対策に関するアンケート調査」で明らかになっている。  調査は令和元年5~6月、会員企業2104社に対して実施した。240社から有効回答を得……[続きを読む]

2019.08.10 【Web限定ニュース】
労災防止の最新機器が並ぶ 視聴覚教材も多数展示 日本能率協会・労働安全衛生展を開催

 (一社)日本能率協会は7月24~26日、メンテナンス・レジリエンスTOKYO2019を東京ビッグサイトで開催した。第6回労働安全衛生展には、安全教育や安全設備などを販売する53社が参加。監視員の合図を感知して鳴動するヘルメットや高所作業のリスクをなくすための昇降型作業台、フルハーネス型墜落制止用器具など、最新機器やアイデア製品がずらりと……[続きを読む]

2019.08.06 【Web限定ニュース】
経営層への多様な人材登用などが重点項目 新・ダイバーシティ経営企業100選の公募開始 経産省

 経済産業省は、令和元年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」の公募を開始した。受付は、9月9日(月)17時まで。  今年度は重点テーマとして、①経営層への多様な人材の登用、②キャリアの多様性の推進、③マネジメントの在り方の改革、④外国人・シニア・チャレンジド(障害者)の活躍――の4項目を掲げている。  選定・表彰された企業は例年、ベス……[続きを読む]

2019.08.03 【Web限定ニュース】
仕事と治療の両立に有効 放射線治療の今を講演 がん対策推進企業アクション

 企業などでのがん検診受診率向上を目指す「がん対策推進企業アクション」事務局は、「仕事との両立を可能にする放射線治療」をテーマにメディアセミナーを開催した。中川恵一医師が放射線治療の最新動向を講演。副作用や高額のイメージを持たれている放射線治療について、最近の機器や技術の進化で身体への負担が少ない治療法として注目を浴びていることなどを紹介……[続きを読む]

2019.08.01 【Web限定ニュース】
平均妥結額は7031円 前年から325円ダウン 愛知県内企業・2019年春季労使交渉結果

 2019年春季労使交渉の平均妥結額は7031円で前年から325円減――愛知県がまとめた、愛知県内における春季賃上げ要求・妥結状況調査結果で明らかになっている。  労働組合のある429社のうち288社を集計対象としたそれによると、平均要求額は8390円、平均妥結額は7031円だった。前年と比較すると、それぞれ12円増、325円減となってい……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ