string(36) "/column/column_category/web-limited/"
string(15) "column_category"

Web限定ニュース

2018.06.15【Web限定ニュース】
大卒総合職営業の初任給は20万2057円 前年比+2.9% 福井経協調べ NEW

 福井県経営者協会は今年度の初任給調査結果に関する中間とりまとめを公表した。それによると、大卒総合職の初任給平均は、事務19万9307円(前年19万6775円、2532円増)、営業20万2057円(同19万6338円、5719円増)、技術19万9195円(同19万8106円、1088円増)と、営業で前年よりも大きく伸びる結果となった。 大……[続きを読む]

2018.06.09【Web限定ニュース】
安全な作業は声かけから コミュニケーションの重要性説く 大東建託・外国人実習生向け安全研修会

 大東建託㈱は5月22日、外国人技能実習生向けの安全教育研修会を開催した。建設現場で働く実習生の労働災害防止を目的としたもので、受入事業場11社と実習生22人が参加した。  研修会冒頭には、施工管理部の泉和宏部長が「日本の建築技術で最も重要なのは、安全な作業をするということ。研修で安全作業の仕方、意識の持ち方を学び、現場で実践してほしい……[続きを読む]

2018.06.06【Web限定ニュース】
外国人留学生採用が盛況 国内就職10年で3倍 国による採用支援も充実

 人手不足が深刻化するなか、外国人留学生の採用が盛り上がりをみせている。日本に就職する留学生は平成17年に5878人だったが、28年には1万9435人に増加した。少子高齢化が進み、若手確保に苦慮する企業から留学生に熱い視線が向けられている。 5月21日に埼玉労働局が開催した留学生雇用セミナーには、採用を検討する企業55社・74人が集まった……[続きを読む]

埼玉留学生セミナー(カラー)
2018.05.22【Web限定ニュース】
中高年男性の健康問題への取組みを 柔軟な勤務制度が有効 日銀高知支店が特別調査

 日本銀行高知支店は、人手不足時代に対応するためには、中高年男性の健康問題への取組みや育児・介護環境の充実が必要だとする特別調査結果を発表した。具体的な対応策としては、企業による柔軟な勤務制度の導入を挙げている。  同県の労働市場はおおむね「完全雇用の状態」にあり、人手不足対応は県内企業の最重要課題となっている。しかし、同県内には就職を……[続きを読む]

2018.05.15【Web限定ニュース】
最大66万円の奨励金を上乗せ支給 山形県が独自のメニュー創設

 山形県は平成30年度、県独自の奨励金のメニューに「業務改善奨励金」を追加した。同奨励金は厚生労働省の「業務改善助成金」の支給を受けた事業主を奨励するもので、最大66万6000円が支給される。 同県は全国的にみて最低賃金が低い水準にあることから、奨励金を生産性向上・最低賃金アップを通じた人材確保対策に役立ててもらいたいという。予算規模は3……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ