string(36) "/column/column_category/web-limited/"
string(15) "column_category"

Web限定ニュース

2017.12.25【Web限定ニュース】
九州商船㈱が全航路全便の休航を発表 労使交渉まとまらずスト突入

 九州商船㈱は12月25日の始発便から、全航路全便で休航となることを発表した。休航は全日本海員組合のストライキによるもので、同組合は完全解決までストライキを続けるとしている。  同社は就航以来長年にわたり海員組合の組合員が従事していたジェットフォイルの整備員職種を、経営の合理化などを理由に新たに陸上で雇用する「陸上化」を提案。これに対し同……[続きを読む]

労働組合、団体交渉、横断幕
2017.12.18【Web限定ニュース】
経営判断も義務的団交事項 専権事項と主張し誠実義務違反 長崎県労委

 長崎県労働委員会(國弘達夫会長)は、全日本海員組合の組合員がこれまで従事してきた、高速船(ジェットフォイル)の整備員職種について、九州商船㈱が新たに陸上で雇用(以下「陸上化」とする)した事案で、同社を誠実交渉義務違反と認定した。陸上化は経営判断事項に該当するが、経営判断事項であるからといって、義務的団交事項に当たらないとはいえない判断。……[続きを読む]

ジェットフォイル、船
2017.12.14【Web限定ニュース】
「ナ・ヤ・ミ・ノ・ミ・チ・ヘ」に注意 過労死等防止対策推進シンポジウム 埼玉

 厚生労働省は11月16日、埼玉会館(埼玉県さいたま市)で「過労死等防止対策推進シンポジウム」を開催した(写真)。当日は人事担当者や労働組合関係者など370人が集まった。  シンポジウムでは、代々木病院精神科の天笠崇医師が「過労自殺、労働関連うつ病をいかに予防するか」について講演。過労自殺22例について調べた自身の研究に触れ、自殺前には……[続きを読む]

2017.11.14【Web限定ニュース】
大学生等を対象とした合同面接会を開催 埼玉県雇用対策協議会

 埼玉県内の経営4団体が作る埼玉県雇用対策協議会は10月16日、さいたま市内のソニックシティビル4階で大学生等を対象とした合同面接会を開催し、59社がブースを設けた(=写真上)。 同協議会によると、ここ2~3年、人手不足の影響で企業からの出展希望が増える一方で、学生を集めるのに苦労しているという。当日は同県産業雇用安定センターも参加し、若……[続きを読む]

埼玉雇用対策協議会面接会
2017.11.07【Web限定ニュース】
運転手に眠気の自覚がないことも 埼玉県産業安全衛生大会

 埼玉県内の28団体で構成する、埼玉県労働災害防止関係団体等連絡協議会は10月24日、産業安全衛生大会を開催した(=写真)。 順天堂大学大学院の谷川武教授が登壇し、「職域における睡眠時無呼吸症候群(SAS)早期発見・早期治療の意義」と題する講演を行った。谷川教授は過去にSASが原因で起きた交通事故の中には、運転手が眠気を自覚していなかった……[続きを読む]

埼玉産業安全衛生大会

年月アーカイブ

ページトップ