string(36) "/column/column_category/web-limited/"
string(15) "column_category"

Web限定ニュース

2018.04.24【Web限定ニュース】
24キロ歩かせ足に後遺症 会社に1600万円の賠償命令 広島地裁福山支部 NEW

 新人研修で24キロメートルを歩かされたことにより足に障害が残ったとして、元労働者の男性が㈱サニックス(福岡市博多区、宗政寛代表取締役社長)を訴えた裁判で、広島地方裁判所福山支部は同社の安全配慮義務違反を認め、1592万1515円の損害賠償を命じた。  男性は研修後、右足に関節の機能障害と左下肢に神経障害が残り、福山労働基準監督署長によ……[続きを読む]

2018.04.16【Web限定ニュース】
組合の暴力的言動を否定 荷役作業機械メーカーに団交応諾命令 千葉労委

 千葉県労働委員会はボーナスの支給やチェックオフ再開を求める団体交渉に応じなかったとして、東部重工業㈱(千葉県浦安市、吉田牧男代表取締役会長兼社長)を不当労働行為と認定した。同社はクラブバケットやコイルリフターなどの荷役運搬機器の製造販売を営んでいる。  同社は団体交渉の申入れが暴力的な言動で行われていることから、団交拒否には正当な理由……[続きを読む]

2018.04.10【Web限定ニュース】
【労働新聞】2017年度に読まれた記事TOP10

 2017年度に労働新聞社のホームページで最も読まれた記事は?上位10本をランキング形式で紹介します。第1位国年強制徴収集中的に実施 年金機構(2017.12.28 【労働新聞】)第2位ハーネス型安全帯義務化 特別教育が必要に 6時間程度のカリキュラムで 十分な技能あれば省略可も 厚労省(2017.06.28 【安全スタッフ】)第3位残業……[続きを読む]

2018.03.15【Web限定ニュース】
退職扱い無効と判断 がん治療後の復職で 名古屋地裁

 胃がんによる休職からの復職が認められず退職させられたとして、名港陸運㈱(愛知県知多市)の労働者が訴えた裁判で、名古屋地方裁判所は、休職事由が消滅しているとして、同労働者の訴えを認めた。 トレーラーの運転者として30年近いの経験を持つ同労働者は、平成26年3月に胃がんと宣告され、手術を受け7月に退院した。また、同社は8月、治療に専念させる……[続きを読む]

2018.02.05【Web限定ニュース】
過労運転防がず 運送業者を1カ月の事業停止処分に 中国運輸局

 中国運輸局は、貨物自動車運送事業法に違反して過労運転防止対策措置を講じなかった㈲ヒガシマル運輸(鹿児島県日置市)の岡山営業所(岡山県美作市)を1カ月間の事業停止処分とした。処分が明けた直後から20営業日、車両1両を使用禁止する措置も下している。 平成28年に実施した監査で、1回の運行における勤務時間が144時間を越えていたほか、拘束時間……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ