string(52) "/news/news_tag/%E9%81%95%E6%B3%95%E6%AE%8B%E6%A5%AD/"
string(8) "news_tag"

『違法残業』の労働関連ニュース

2018.06.13【労働新聞】
1日9時間半も残業 飲食チェーンを送検 泉大津労基署

 大阪・泉大津労働基準監督署(寺村晃久署長)は、違法な時間外労働をさせたとして、和食レストランやホテルなどを運営する㈱フラット・フィールド・オペレーションズ(大阪府泉大津市)と同社総務部長を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。 同社は、平成29年1月1日~6月17日の間、総務や経理の労働者2人に対し、36協定……[続きを読む]

2018.06.06【労働新聞】
違法残業が4割以上に 東京労働局

 東京労働局(前田芳延局長)は、昨年11月の「過重労働解消キャンペーン」における重点監督結果をまとめた。対象事業場の75.5%で労働基準関係法令違反が発覚し、是正勧告書を交付した。 違法残業を行っていたのは44.2%。協定で定めた上限を超えて月200時間超の時間外労働に従事させた卸売業や、特別条項で定めた「特別に延長できる回数」を超えて長……[続きを読む]

2018.05.11【労働新聞】
違法残業が4割に 過重労働防止へ集中監督 厚労省

 厚生労働省は、昨年11月に実施した過重労働解消キャンペーンにおける重点監督の実施結果を取りまとめた。対象事業場の約4割で違法な時間外労働が発覚している。 重点監督は、過重労働による過労死などの労災請求があった事業場や若者の「使い捨て」が疑われる事業場など7635事業場に集中的に実施した。そのうち、65.9%に当たる5029事業場で労働基……[続きを読む]

2018.04.27【労働新聞】
広島バスを送検 事務に違法残業 広島中央労基署

 広島中央労働基準監督署(奥原英記署長)は違法な時間外労働をさせたとして、広島バス㈱(広島県広島市、沖田和也代表取締役)と同社の取締役および大洲営業課の課長2人を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで広島地検に書類送検した。  同社は広島市内を中心に路線バスや貸切バスを運行している。1カ月45時間を限度とする36協定を締結していたが……[続きを読む]

2018.03.21【労働新聞】
違法時間外が6割超 道路貨物業の臨検結果 東京労働局

 6割超で違法時間外労働が発覚――東京労働局(勝田智明局長)は、平成29年に実施した道路貨物運送業に対する臨検監督結果を明らかにした。時間外労働に関する協定(36協定)を届け出ていなかったり、協定で定めた時間を超えて時間外労働に従事させたりした事業場が6割を超えている。 同業種では、自動車運転者の長時間労働が常態化しており、過労死・過労自……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ