『違法残業』の労働関連ニュース

2020.05.18 【労働新聞】
残業120時間超で送検 虚偽報告提出が露見 諫早労基署 NEW

 長崎・諫早労働基準監督署(竹永剛署長)は、違法な時間外労働を行わせたうえ、労働時間について虚偽の報告をしたとして、金属部品製造業のともえ精工㈱(長崎県諫早市)と同社代表取締役および取締役の計1社2人を、労働基準法第32条(労働時間)および第104条(監督機関に対する申告)違反の疑いで長崎地検に書類送検した。…[続きを読む]

2020.04.28 【労働新聞】
割賃支払わず賞与へ 違法残業隠しで送検 笠岡労基署

 岡山・笠岡労働基準監督署(須々木竜紀署長)は、違法な時間外労働を行わせたうえ時間外・休日割増賃金の一部を支払わず、虚偽のタイムカードと賃金台帳を提出したとして、自動車用プラスチック製品製造業の㈱柏木(岡山県小田郡)と同社代表取締役を労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)違反などの疑いで岡山地検に書類送検した。違反を隠ぺいす……[続きを読む]

2020.04.15 【労働新聞】
縫製業3社を送検 実習生に違法残業 今治労基署

 愛媛・今治労働基準監督署(山内雅史署長)は、ベトナム人技能実習生らに対し36協定を超える違法な時間外労働を行わせたとして、縫製業の㈲ひめ企画(愛媛県西予市)、愛媛電機㈲(同県西予市)、㈱オルバス(同県今治市)の3社と各社の代表取締役を兼務する1人を労働基準法第32条(労働時間)違反などの容疑で松山地検に書類送検した。3社とも36協定は月……[続きを読む]

2020.03.11 【労働新聞】
残業上限が“不適切” 労基署から勧告受ける 習志野市

 千葉県習志野市は36協定の時間外限度時間、労働時間の把握義務、健康診断の3項目について、船橋労働基準監督署から是正勧告を受けたと発表した。勧告は今年1月31日と2月5日付け。平成30年6月にも、市のクリーンセンターで36協定を締結せずに時間外労働をさせたなどとして、同労基署が是正勧告していた。  同市の津田沼浄化センターは…[続きを読む]

2020.02.28 【労働新聞】
142時間残業させ送検 複数回勧告も改善なく 津島労基署

 愛知・津島労働基準監督署(山口英俊署長)は違法な時間外労働をさせたとして、㈱プレジィール(愛知県海部郡)と同社の代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで名古屋地検に書類送検した。過労死ラインを超える時間外労働を、半年以上にわたり行わせていた。同労基署が繰り返し是正勧告などの行政指導をしたが、改善しなかった。  同社は… 【……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ