『違法残業』の労働関連ニュース

2024.05.01 【労働新聞 ニュース】
大手製造業者を送検 全国での是正勧告受け 大阪労働局・かとく

 大阪労働局(荒木祥一局長)の過重労働撲滅特別対策班(かとく)は、労働者3人に36協定を超える違法な時間外労働(休日労働含む)を行わせたとして、全国で業務用冷凍・冷蔵庫の製造販売業を営むフクシマガリレイ㈱(大阪府大阪市西淀川区)と同社役員2人を、労働基準法第32条(労働時間)および第36条(時間外および休日の労働)違反の疑いで大阪地検に書……[続きを読む]

2024.03.25 【労働新聞 ニュース】
繰返しの違反に指導挟まず送検 四日市労基署

 三重・四日市労働基準監督署(宮田仁署長)は、運転者1人を36協定の限度時間を超えて働かせたとして一般貨物自動車運送業の㈲富屋物流(三重県津市)を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで津地検四日市支部に書類送検した。過去に同様の違反で同社に是正勧告し、改善を確認した経緯があり、その記録を基に実施した定期監督で違反が発覚した。繰返しの違……[続きを読む]

2024.03.15 【労働新聞 ニュース】
月116時間も違法残業 ビッグモーターを送検 東京労働局かとく

 東京労働局(美濃芳郎局長)の過重労働撲滅特別対策班(かとく)は、整備士6人に36協定を超える時間外労働を行わせたとして、自動車販売業の㈱ビッグモーター(東京都多摩市)と30歳代の元工場長の男性を、労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで東京地検に書類送検した。時間外労働は最長の者で、1カ月116時間39分に及んでいる。  同社は全国に……[続きを読む]

2024.02.14 【労働新聞 ニュース】
36協定が期限切れ 15人違法残業させ送検 立川労基署

 東京・立川労働基準監督署(石井美佐子署長)は、36協定の期限が切れていたにもかかわらず、労働者15人に対し、週40時間を超える時間外労働を行わせたとして、食品加工業の丸はし食品㈱(東京都府中市)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで東京地検に書類送検した。  同社は令和5年9月11~17日の1週間において、週40時……[続きを読む]

2024.01.31 【労働新聞 ニュース】
36協定無効で送検 労災保険請求受け調査 福岡労働局

 福岡労働局(小野寺徳子局長)は、労働者1人に対し、有効な36協定の締結・届出がないまま、時間外労働をさせたとして、建設業の㈱菱熱(福岡県福岡市)と同社工事部長を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで福岡地検に書類送検した。同社で発生した労働災害の労災保険給付の請求を受け、労働時間数などを調査していく過程で違反が発覚している。  同社……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。