『リーフレット』の労働関連ニュース

2021.09.21 【労働新聞】
社内掲示で防止措置 パワハラリーフを作成 熊本労働局 NEW

 熊本労働局(木下正人局長)は、来年4月から中小企業にもパワーハラスメントの防止措置が義務付けられることを踏まえ、事業所内に掲示できるリーフレットを作成した。相談窓口の担当者氏名などを書き込む欄を設け、防止措置の一環として使用可能にしている。ホームページに掲載したほか、管内の事業所へ配布する。  リーフレットには、ハラスメントに該当する言……[続きを読む]

2021.09.16 【労働新聞】
ドラグ・ショベル 指揮者定めず送検に 動画サイトでは“技”扱い 高松労基署

荷台から直降りで死亡  香川・高松労働基準監督署(石川修一郎署長)は、ダンプトラックの荷台から乗車したままドラグ・ショベルを降ろそうとした労働者が、横転したショベルの下敷きとなって死亡した災害に関し、作業指揮者を定めていなかった土木工事業者を高松地検に書類送検した。地上に降ろしたバケットを支点にして荷台から直接降りようとしたもので、同様の……[続きを読む]

2021.09.10 【安全スタッフ】
カゴ車改良に手引き 挟まれ防止で専用持ち手を 厚労省

3つのポイント提案へ  厚生労働省と労働安全衛生総合研究所はこのほど、メーカーの協力を受けて「改良しましょう ロールボックスパレット 3つのポイントを提案します!」というリーフレットを作成した。取扱時の危険ごとに改良ポイントを示し、イラストや写真を用いて分かりやすく解説している。ドアを通過する際などに手がぶつかったり、挟まれたりする危険に……[続きを読む]

2021.08.02 【労働新聞】
外国人活用で啓発 農業分野の複数違反受け 小諸労基署

 長野・小諸労働基準監督署(徳永和成署長)は昨年度、農作業に従事する外国人労働者への不適切な労務管理事案が複数件発生したことを受け、管内の農業者に対して適切な労務管理を呼び掛けている。  農業者や農業団体への個別指導を実施するほか、…[続きを読む]

2020.12.21 【労働新聞】
書面交付を注意喚起 条件明示徹底へリーフ 常総労基署

 茨城・常総労働基準監督署(大畠成明署長)は、書面などによる労働条件の不明示で生じる労使トラブルを防ぐため、実際にあった不適切な事例などを紹介するリーフレットを作成した。ホームページ上で公開し、注意を呼び掛けている。  リーフレットでは、…[続きを読む]

ページトップ