100%でないが政策は着実に進展 民主党支援で連合が総決起集会

2012.12.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

古賀会長 「政権交代の意義」再認識を/安住幹事長代行 自民政権に人への投資ムリ/UAゼンセン逢見会長 残業代不払い法案を忘れず

 総選挙へ向け、連合は11月26日に東京都内で総決起集会を開催した。憲政史上初の政権交代の意義を訴えながら、「100%ではないが生活者視点の政策は着実に進んでいる」とした古賀伸明会長はじめ、民主党の安住淳幹事長代行も「我われが進めてきた人への投資は自民党政権ではできなかった」と述べ、民主党こそ日本のど真ん中に座るべきと訴えた。UAゼンセンの逢見直人会長は、残業代不払い法案の国会上程を目論んだ小泉政権当時の責任者が安倍氏だったことを頭に焼き付けるべきと引き締めた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年12月10日第2900号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ