【今週の視点】生産性向上は企業を挙げて

2014.06.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

個人の試みに限界 愛知経協 現行法下で方向探る

 労働時間法制の適用除外を巡る動きは、ひとまず年収1000万円以上の高度専門職を対象に法案化するかたちで落ち着いた。ホワイトカラーの生産性向上という目的に異論を挟む余地はないが、働き方の見直しを従業員個人に求める前に、土壌づくりも欠かせない。このほど愛知県経営者協会がまとめた報告書では、現行法制下で採るべき方向性が探られている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年6月23日第2974号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ