総合就業支援施設 リニューアルで人材確保後押し 大阪府

2017.06.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪府は、平成25年に開設した総合就業支援施設「OSAKAしごとフィールド」の機能を強化し、リニューアルオープンした=写真。松井府知事はオープニング式典で、「全国で一番信頼される行政サービスに向け、きめ細かい支援を期待したい」と話した。

 リニューアルに伴い、「大阪働き方改革支援センター」を設置。製造、運輸、建設など人材確保に課題を抱える業界の各団体と連携しながら、職場環境改善やイメージアップにつながる情報発信を支援していく。

 求職者への支援では、精神・発達障害者などに対する就職支援プログラムを開発し、専門性の高いサポートを展開するとした。

平成29年5月29日第3114号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ