『厚労省』の労働関連ニュース

2024.03.01 【労働新聞 ニュース】
ベア実施向け説明会 6年度報酬改定を解説 厚労省・医師会 NEW

 厚生労働省と日本医師会はベースアップの実施に向けた、令和6年度の診療報酬改定に関する説明会をオンラインで開催した。新たに設けるベア評価料やベアの考え方などについて厚労省が解説し、6年度に2.5%、7年度に2.0%のベア実施を要請している。  6年度の報酬改定では、医療従事者の賃上げのため、初診料・再診料・入院基本料の引上げや医療機関がベ……[続きを読む]

2024.02.29 【労働新聞 ニュース】
個人事業者の健康管理 注文者に配慮要請 長時間就業抑制へ 厚労省・ガイドライン素案 NEW

医師との面談機会提供も  厚生労働省は、今年度中の作成をめざしている「個人事業者等の健康管理に関するガイドライン」の素案をまとめた。労働者を使用しない個人事業者の健康確保に向けて、個人事業者本人と、仕事の注文者などの実施・配慮事項を明らかにしている。注文者に対しては、個人事業者の就業時間が長時間になりすぎないよう、発注内容の頻繁な変更の抑……[続きを読む]

2024.02.29 【安全スタッフ ニュース】
石綿ばく露防止 被災4県に通知 厚労省と環境省 NEW

 厚生労働省と環境省は、能登半島地震の被災地において、今後、がれきの処理や建築物の解体・改修工事が行われることを踏まえ、石綿の飛散や吹き付けられた石綿などの露出による労働者へのばく露などの対策を徹底するよう石川県などの労働局と自治体の担当部局宛てに通知した。  吹き付けられた石綿や石綿含有保温材などが地震の影響で損壊し、粉じんが発散して労……[続きを読む]

2024.02.28 【労働新聞 ニュース】
労災保険給付が106億円減少 令和4年度・厚労省 NEW

 厚生労働省は令和4年度労働者災害補償保険年報を取りまとめた。前年度に比べて保険料収納済額が402億円増え、保険給付支払額が106億円減少している。  同年度における保険料収納済額は8908億円となり、前年度に比べ4.7%増加した。一方、保険給付支払額は7144億円で、同1.5%減少した。  業種別に支払額をみると、卸売・小売や金融・保険……[続きを読む]

2024.02.27 【労働新聞 ニュース】
社保適用時助成金 昨年末時点での届出1700件 厚労省 NEW

 昨年12月末時点で、1718社がキャリアアップ助成金(社会保険適用時処遇改善コース)の計画届出をしていることが厚生労働省のまとめにより分かった。同助成金は「年収の壁・支援強化パッケージ」の一環で、昨年10月20日から受付を開始した。  取組み予定労働者数は令和5年度が8797人、6年度が9645人、7年度が8834人となっている。[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。