『人事』の労働関連コラム

2018.11.04 【マンガ・こんな労務管理はイヤだ!】
懲戒処分

解 説  マンガで「マヌケ」「バカ」というセリフがあります。本紙では、「撲滅!職場のパワハラ」が好評連載中ですが、その第9回で、厚労省の職場のパワハラ防止対策の検討会報告書(平30・3)の「脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)」の例とされている「人格を否定するような発言」として、「バカ」「あほ」などがこれに該当するだろうとして……[続きを読む]

2018.08.04 【書評】
【今週の労務書】『担当になったら知っておきたい「人事」の基本』

知識に加えスキル面も 人事部門がカバーする多様な業務に関し、若手社員をターゲットに概観していく入門書。大手企業での勤務経験を持つ著者ならではの視点から、知識の付与にとどまらず、求められるスキル面にもスポットを当てている。 たとえば、欠かせないスキルとしてクローズアップされるのが、コミュニケーション能力。社員への制度説明をはじめとして、入社……[続きを読む]

2017.02.11 【書評】
【今週の労務書】『2時間でざっくりつかむ! 中小企業の「人事・賃金制度」はじめに読む本』

行動変革生む制度を推奨 本書は、人事・賃金制度の導入・見直しを考える中小企業の経営者などを対象に、コンサルタントである著者がオススメの人事・賃金制度を分かりやすく解説する入門書。 年功給、職能給、職務給、役割給、歩合給といった各賃金制度のメリット・デメリットを紹介したうえで、「現実的に中小企業に適用できる制度はふたつだけ」として、「改善型……[続きを読む]

2015.08.10 【書評】
【今週の労務書】『バリュー・ファースト経営』

価値観土台に仕組み構築 本書では、中小企業に適した人材マネジメント手法として「バリュー・ファースト経営」を提唱している。 会社全体で経営理念をはじめとしたバリュー(価値観)を共有し、これを土台に、一貫した「採用」「試行」「育成」「処遇」「退出」の5つのシステムを構築すべきとしている。 求人票での会社アピール、採用の判断基準となるバリューチ……[続きを読む]

2013.03.04 【書評】
【今週の労務書】『これだけは知っておきたい「会社の人事」の基本と常識』

実務の"ツボ"を伝授 本書は、人事部門を任された新任担当者向けに書かれた入門書。知っておくべき労働法規などの必須知識から実務の具体的な内容と進め方の勘所までを分かりやすく解説。 採用から退職までのすべての業務を網羅しており、通読するだけで仕事の全体像が掴める。 就業規則の項では、会社と社員が円滑な関係を築き、社内秩序を維持していくために、……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ