【今週の労務書】『進化するキャリアオーナーシップ』

2024.06.08 【書評】
  • list
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

短期移籍に旨味多し

 キャリアオーナーシップとは、個人が自らの意思で主体的にキャリア形成に取り組むことを指す。本書は、富士通㈱が実践するこれに関する人事施策についてまとめたもの。

 たとえば、新たな経験に挑戦する機会として、3つのポスティング制度を設けている。特徴的なのは「Jobチャレ!!」と称する、3~6カ月の期限付き異動制度。新たな職場での業務を通じて、革新につながる発想を身に着けてもらうことなどが狙い。送り出す職場にとっても、他部署への完全移籍ではないため「この人に抜けられると困る」という人事異動を防げるメリットがある。

 短期的に希望するプロジェクトに参加する“異動を伴わない制度”も整備済み。社内人脈が広がる効果などがあるとした。

(㈱富士通ラーニングメディア 著、FOM出版 刊、税込2200円)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

関連キーワード:
令和6年6月10日第3452号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。