【今週の労務書】『担当になったら知っておきたい「人事」の基本』

2018.08.04 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

知識に加えスキル面も

 人事部門がカバーする多様な業務に関し、若手社員をターゲットに概観していく入門書。大手企業での勤務経験を持つ著者ならではの視点から、知識の付与にとどまらず、求められるスキル面にもスポットを当てている。

 たとえば、欠かせないスキルとしてクローズアップされるのが、コミュニケーション能力。社員への制度説明をはじめとして、入社希望学生との面談、労働組合との交渉、経営トップへの提言など、場面ごとのポイントを列挙する。一方では環境改善やトラブル防止といった本来の機能を果たすための要素として、問題発見・解決能力についても詳しく解説している。基本の学習を通じて、「人事の質を決めるのは何か」にも気付かされるつくりとなっている。

 (深瀬勝範著、日本実業出版社刊、TEL:03-3268-5161、2100円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

平成30年8月13日第3172号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ