【今週の労務書】『人材育成の鉄則 人を動かす30のヒント』

2014.04.14 【書評】

積極的な声掛けを

Amazonにリンクします

 本書は、「人材育成なくして企業の成長なし」との考えの下、人材を育てるための”極意”を企業トップや管理者層に向けて解説したもの。キーパーソンになる管理者・リーダーの心構えや、最近の若者の特徴を踏まえた部下への接し方を中心に30項目を提示している。

 本書において、管理者の心構えとしてとくに重視しているのが、常に部下の話に耳を傾ける姿勢を徹底すること。部下が意見を述べやすくなってコミュニケーションが活性化するとともに、「自分で考える人材」を育てることにもつながるという。また、機会をみつけて積極的にねぎらいや感謝、励ましの言葉をかけることも、部下のやる気を高める秘訣とした。とくに新入社員を迎え入れる職場の管理者層にとって、示唆に富んだ一冊。

(本多有明著、経団連出版刊、TEL:03-6741-0043、1400円+税)

掲載 : 労働新聞 平成26年4月14日第2964号16面

あわせて読みたい

ページトップ