【今週の労務書】『企業価値を高める組織・人材マネジメントの思考と実践』

2021.09.11 【書評】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

働きがいある職場提供

 本書は、国内の銀行や外資系投資銀行、外資系生命保険、国内生命保険など大手金融機関で人事業務全般を経験してきた筆者が、「企業価値向上」の観点から、企業の取り組むべき課題やその解決に向けた対策について解説したもの。

 課題の一つには、「戦略的人材ポートフォリオの実現」を提示。その達成のために、ポートフォリオの設定・運用の枠組みづくりや、必要な人材を引きつけて社外流出を防止するための働きがいのある職場・機会の提供と社員のエンゲージメントの向上が重要とした。

 課題解決に向けて、人事機能である「採用・配置・教育・評価・処遇」について、それぞれ実践方法を示した。評価面では、エンゲージメントを高める観点から、「コンピテンシー評価」の積極的な活用を推奨している。

(石田雅彦著、金融財政事情研究会刊、TEL:03-3358-2891、税込み2750円)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

関連キーワード:
令和3年9月13日第3320号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ