【今週の労務書】『図解入門ビジネス 最新 目標管理(MBO)の課題と解決がよ~くわかる本』

2018.04.21 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

失敗から逆引きで学ぶ

Amazonにリンクします

Amazonにリンクします

 本書は、専らマネジメント手法としての目標管理にスポットを当てる。主役になるのは管理者で、全社目標や上位組織の目標からいかに自部署の目標を掲げ、部下にノルマを配分し、それを果たせるよう導くか――を指南する。

 逆引き可能な構成が特徴で、つまずきやすい失敗を順に紹介し、あるべき姿を説いていく。たとえばコミュニケーションに関する章では、「やり方は任せる。とにかく結果を出せ!」との問題発言を挙げ、進捗把握や他部署との連携調整も管理者の役目と諭す。

 人事評価への活用には、むしろ積極的ではない。「評価さえすれば良く働く」と思っている経営者や管理者は、マネジメントの力不足を棚に上げている、と手厳しい。

 (山田谷勝善、杉浦祐子、木村善昭著、秀和システム刊、TEL:03-6264-3105、1400円+税)

関連キーワード:
平成30年4月23日第3158号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ