労働関連コラム

2018.06.30 【書評】
【今週の労務書】『ハローワーク採用の絶対法則 0円で欲しい人材を引き寄せる求人票の作り方』

公的ツール使いこなせ 労働力人口の減少に伴う空前の売り手市場時代にあって、中小企業が優秀な人材を確保するために有効なハローワークの活用方法を、ハローワークでの勤務経験を持つ社会保険労務士が指南している。 低コストであるだけでなく、「求職者リクエスト」など、ハローワークにはあまり知られていない様ざまな機能が存在する。これらを最大限に活用しつ……[続きを読む]

2018.06.29 【監督指導動向】
労災防止へ積極的なコミュニケーションを 大阪労働局・局長パト

熱中症対策を高評価 大阪労働局は、全国安全週間の準備期間である6月1日、国立循環器病研究センター移転建替整備事業現場へ局長パトロールを実施した=写真。減少に転じない墜落・転落災害および熱中症の防止に向けて警鐘を鳴らしている。 挨拶に立った田畑一雄局長は建設業の労働災害の現状について、「死亡災害は、過去最小だった一昨年と比べてほぼ倍増の20……[続きを読む]

2018.06.28 【送検記事】
鉄板が直撃して労働者が死亡 立入禁止措置講じず 坂出労基署・土木工事業者を送検

 香川・坂出労働基準監督署は、工事現場内の立入禁止措置を講じなかったとして、香川県丸亀市内の河川改修工事現場に1次下請として入場していた㈲松村建設(香川県東かがわ市)と同社現場責任者を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で高松地検に書類送検した。平成30年1月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。 被災した労……[続きを読む]

2018.06.28 【社説】
【主張】労働者性範囲拡大は性急

 厚生労働省が審議会に対し、「雇用類似」の働き方を保護するため、労働者性の拡大解釈などを検討してはどうかという提案を行った(本紙6月18日号1面既報)。仮に発注元との関係において経済的従属性が強いとしても、フリーランスと労働者とは異質である。無理やり労働者性の拡大解釈などをする必然性も必要性もない。労働法適用に大きな混乱を招く解釈変更には……[続きを読む]

2018.06.27 【送検記事】
足場組立ての特別教育をせず 建設業者を書類送検 安芸労基署

 高知・安芸労働基準監督署は、足場組立てに関する特別教育をしていなかったとして、建設業の㈱石川建工(高知県高知市)と同社取締役現場責任者を労働安全衛生法第59条(安全衛生教育)違反の疑いで高知地検に書類送検した。 平成29年9月、高知県香南市の体育館で吊り天井の改修工事をしていたところ、足場の組立て作業に従事していた関係請負事業者の労働者……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ