【ひのみやぐら】熱中症予防は食事が大切

2018.06.25 【社説】

 夏になると、食が細くなる。昼食も簡単に済ませがちになり、冷たい麺類を選んでしまう。コンビニエンスストアのせいにするつもりはないが、最近はより美味しい商品の開発やテレビCMもあって惣菜や弁当よりも、うどんやそばに手がのびる。味も濃い目で野菜不足なのは明らかなので、「いけないな」と思っていても、もともと麺好きもあってやめられない。

 炭水化物に偏った食事は、疲労回復に役立つ栄養が不足し、さらに疲れやすくなるという悪循環を招くので注意が必要…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成30年7月1日第2309号

あわせて読みたい

ページトップ