労働関連コラム

2019.04.28 【社労士プラザ】
働きやすさの追求が重要/山東春美社会保険労務士事務所 山東 春美

 私の職業人生は、広島信用金庫に入庫した時にスタートした。最初の配属先は総務部秘書課で、職務内容は役員の対応とスケジュール管理、受付・接客業務等だった。常に目配り・気配り・心配りが求められ、毎日が緊張の連続だったが、人とかかわる仕事が自分に向いていたのか、大変やりがいを感じていた。  その後、損保事務、一般事務等を経験したが、物足りなさを……[続きを読む]

2019.04.27 【書評】
【今週の労務書】『今いる社員で成果を上げる 中小企業の社員成長支援制度』

説明丁寧に正しく運用  本書は、社員のやる気と能力を引き出し、会社の業績をアップさせるための人事制度・評価制度の構築方法を中小企業に紹介するもの。最大限の効果を引き出せるよう、制度の内容だけでなく、運用面も詳しく解説しているのが特長だ。  たとえば、中小企業にみられる運用時の問題として、従業員への説明を行わず運用を開始してしまったり、管理……[続きを読む]

2019.04.26 【送検記事】
中部電力を書類送検 感電防ぐ「絶縁用防具」装着させず労災に 磐田労基署

 静岡・磐田労働基準監督署は、平成30年7月に発生した労働災害に関連して、中部電力㈱(愛知県名古屋市)と同社元浜岡サービスステーション所長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で静岡地検浜松支部に書類送検した。労働者が感電し、4日以上休業している。  同社は労働者に活線状態にある高圧電線の修理作業を行わせる際、感電の……[続きを読む]

2019.04.26 【送検記事】
元請、下請の3人が共謀 労災発生場所を虚偽記載して送検 堺労基署

 大阪・堺労働基準監督署は、虚偽の内容を記した労働者死傷病報告書を提出したとして、2次下請の㈱青島工業(大阪府堺市堺区)と同社代表取締役、および1次下請の現場担当者、元請の現場代理人の計1法人3人を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。平成30年2月、青島工業の労働者が数カ月以上の休業をした労働災害が発生し……[続きを読む]

2019.04.26 【監督指導動向】
講習時間15分足りずに業務停止命令 登録教習機関へ 京都労働局

 京都労働局は、労働安全衛生法に基づく登録教習機関である㈱日立建機教習センタ(京都府乙訓郡)の車両系建設機械(解体用)運転技能講習業務について、2カ月間の業務停止を命じた。平成30年11月12日に実施した同講習業務において、講習時間が告示で定めた時間よりも15分短かった。  講習時間の不足は、同労働局に寄せられた情報により明らかになってい……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ