「高齢者だから良いと思った」 最低賃金引上げに対応せず書類送検 堺労基署

2019.04.24 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪・堺労働基準監督署は、最低賃金以上の賃金を支払わなかったとして、ショッピングカート整理業の㈱トータルプラン・ナカニシ(大阪府堺市西区)と同社統括マネージャーを最低賃法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。

 同社は、平成29年9月30日に大阪府の最低賃金が883円から909円に改定されたと知っていながら、29年9月30日~30年5月30日まで一部労働者の時給額を883円に据え置いていた。

 同労基署によれば、「多くの労働者が高齢者だったので上げなくても良いと思っていた」などと供述しているといい、意図的に最賃の引上げへ対応していなかった模様。臨検監督で違反を発見し、捜査に着手している。

【平成31年3月18日送検】

あわせて読みたい

ページトップ