作業計画無視しフォークリフトで運搬 複合一貫輸送業者を書類送検 堺労基署

2018.09.20 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪・堺労働基準監督署は、作業計画どおりにフォークリフトを使用しなかったとして、複合一貫輸送業の協同運輸㈱(大阪府大阪市)と同社営業所長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。

 平成29年11月、同社の堺営業所において、派遣労働者がフォークリフトを用いて鉄管をトラックに積み込んでいた。その際、鉄管が荷台から落下、トラック運転者が下敷きとなって死亡する労働災害が発生した。作業計画書では鉄管を胴締めすることになっていたが、実際には行っていなかった疑い。

【平成30年8月9日送検】

あわせて読みたい

ページトップ