スクリューに巻き込まれ労働者死亡 合図せずに運転開始させた会社を送検 山口労基署

2019.04.24 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 山口労働基準監督署はスクリューコンベヤーに労働者が巻き込まれ死亡した労働災害で、産業廃棄物処分業の広容㈱(広島県広島市)と同社の防府工場の工場長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで山口地検に書類送検した。

 労働災害は平成30年12月18日、山口県防府市内にある同社の防府工場で起きた。被災労働者はスクリューコンベヤーの投入口内の掃除をしていた。機械を止めて作業していたが、合図を行わずに運転を開始させたところ、回転したスクリューに巻き込まれ死亡した。

 労働安全衛生法は機械による危険を防止するため、運転を開始することで労働者に危険がある場合は、一定の合図を定め、合図する者を指名して行わせなければならないと定めている。

【平成31年3月26日送検】

あわせて読みたい

ページトップ