社会福祉法人へえるぼし認定 九州初のユースエールとのダブル取得に 鹿児島労働局

2019.04.19 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 鹿児島労働局は、女性活躍推進法に基づき、社会福祉法人クオラ(鹿児島県薩摩郡さつま町)を「えるぼし」企業として認定した。

 同法人では出産や子育てを理由とした離職防止に向けて、事業所内保育施設の運営などを実施している。

 職種別研修制度も推進中だ。職場全体の業務スキル向上を図るとともに、若年者・中途採用社の業務面での不安を払拭している。

 課題だった女性管理職の少なさについては、女性管理職のロールモデルを紹介するなどして取組みを進めた。

 同法人に対しては、平成29年には若者雇用促進法に基づくユースエール認定も行っている。両認定を受けた企業は、九州では初めて。

あわせて読みたい

ページトップ