労働関連コラム

2019.07.21 【監督指導動向】
製造業・運輸交通業で違反率7割超える 最多違反項目は「労働時間・休日」関係 愛知労働局 平成30年・監督結果 NEW

 愛知労働局は、平成30年における監督指導結果をまとめた。7142事業場に実施し、4614事業場で労働関係法令違反が発覚している。違反率は64.6%。  業種別に実施件数と違反率をみると、製造業2481事業場・72.1%、建設業1241事業場・52.3%、運輸交通業600事業場・73.8%、商業836事業場・62.1%、保健衛生業379事……[続きを読む]

2019.07.21 【社労士プラザ】
RPAやAIの導入支援/はるか社会保険労務士事務所 所長 池上 麻衣 NEW

 新卒で労務管理部門に配属されてから約16年、2018年6月に開業し1年が経った。勢いで開業してしまったが、出産前後から自分の裁量で働けるようになりたいと思っており、現在3歳の子供を育てながら仕事をしている。ありがたいことに少しずつ顧問先も増え、スタッフも雇用することができた。  現在は給与計算を中心に、手続き・相談・コンサルティング業務……[続きを読む]

2019.07.20 【Web限定ニュース】
フルハーネス型墜落制止用器具 ファン付きウエアとの併用で安全を実証 NEW

 スリーエムジャパン㈱とミズノ㈱は、墜落制止用器具と電動ファン付きウエアの併用について共同で落下実験を実施し、両社の製品を併用することの安全性を確認した。今年2月の法令改正によって、フルハーネス型墜落制止用器具の普及が進むなか、夏場の熱中症対策として活用されている電動ファン付きウエアとの同時使用を想定して実証を行ったもの。  両社によれば……[続きを読む]

2019.07.20 【監督指導動向】
新国立競技場建設現場をパトロール 快適職場の取組み確認 東京労働局 NEW

 東京労働局(土田浩史局長)は7月12日、「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会 大会施設工事安全衛生推進連絡会」を開き、新国立競技場整備事業(施工:大成建設東京支店)のパトロールを行った。連絡会は、五輪関連施設工事の元方事業者と現場の安全衛生管理責任者が、模範となる安全衛生管理手法や災害の再発防止策を検討する目的で定期的に……[続きを読む]

2019.07.20 【書評】
【今週の労務書】『世界基準の「部下の育て方」』  NEW

まず上司が「学ぶ人」に  著者は米国企業のGEに在籍し、同社のリーダー育成機関において日本人で唯一研修講師を任された経験を持つ。GEは人材育成の分野においては世界でも最先端を行く企業として知られており、本書からその手法と根底にある考え方が理解できる。  日本企業の管理職などが見落としがちなことの一つに、「上司自身が学ぶ姿勢を忘れないこと」……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ