労働関連コラム

2016.05.30 【書評】
【見逃していませんか?この本】「わからなさ」と末永く付き合うための戦略/森達也『私たちはどこから来て、どこへ行くのか 科学に「いのち」の根源を問う』

 本書のタイトルは、ゴーギャンが南洋のタヒチ滞在時代に描いた有名な絵画作品の題名から取っている。  その絵画には、重要な意味を持つ3種類の人物が配置され、「人生の始まり」「成年期」「老年期」にそれぞれ対応している。そして「老年期」を意味する老女の足元には、奇妙な白い鳥がいて、「言葉の無力さ」を物語っているという。これは本書の語り口とも響き……[続きを読む]

2016.05.30 【監督指導動向】
自社労働者と偽り「労働者供給」 栃木労働局が事業停止命令発出

 栃木労働局が、他社で雇用した労働者を自社で雇用したと偽って派遣先企業に送り込む、いわゆる労働者供給事業を行った㈱ビジネス(栃木県足利市)に対して労働者派遣事業停止命令を発出していたことが、分かった。事業停止期間は28年4月14日~5月13日の1カ月間。 同社は、少なくとも平成23年10月~26年1月末まで、労働者計75人を延べ1万571……[続きを読む]

2016.05.30 【送検記事】
元請へ労災発覚おそれ虚偽報告 塗装業の個人事業主を書類送検

 新潟・長岡労働基準監督署は、休業4日以上の労働災害が発生した際に、偽の労働者死傷病報告書を提出した塗装業の個人事業主(新潟県上越市)を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で新潟地検高田支部に書類送検した。 平成27年11月、同社が2次下請として入っていた上越市内の工場建屋工事現場において、労働者が移動足場から転落し、左肘を骨折す……[続きを読む]

2016.05.30 【社説】
【主張】退職コンサルで信用失墜

 今通常国会における雇用保険法等改正案の審議過程で、職業紹介事業者の「退職コンサルティング」が大きな問題となった。厚生労働省では、この指摘を受けて通達の発出に続き、大臣告示を改正して、防止対策の強化を図った(本紙5月16日号1面既報)。…[続きを読む]

2016.05.26 【送検記事】
剪定作業で墜落防止措置を怠り送検 川崎北労基署

 神奈川・川崎北労働基準監督署は、立木の剪定作業において墜落防止措置を怠ったとして、造園業の㈲神之園(神奈川県横浜市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで、横浜地検川崎支部に書類送検した。  平成27年12月、同社に派遣された労働者が高さ約8.5メートルの立木の剪定作業をしていたところ、墜落して死……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ