【今週の労務書】『組織のなかで人を育てる 企業内人材育成とキャリア形成の方法』

2016.05.23 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

個人と企業の協調関係へ

Amazonにリンクします

 人材育成と一口にいっても、その方法は多岐にわたるが、本書はOJTを人材育成の要諦とみる。能力開発においてこれまで個別に論じられてきた、個人のニーズと企業のニーズを連動させる視点が新しい。両社の協調的関係を築くことがOJTの歯車を回す鍵となる。

 国内外の研究成果など豊富な資料に基づく解説からは、人材育成に関する深い知識と広い視野を得られることだろう。グローバル化の進展に伴い海外の事例にも目を向けることは不可欠であり、国際比較を通して浮かび上がる日本の人材育成システムの功罪も面白い。

 求める人材が多様化する今の時代、頭を悩ます経営者にとって、本書は確かな処方箋となるだろう。

(佐藤厚著、有斐閣刊、TEL:03-3264-1315、2400円+税)

平成28年5月23日第3065号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ