労働関連コラム

2016.03.31 【監督指導動向】
機械の危険防止に関する送検が増加 滋賀労働局

 滋賀労働局(辻知之局長)は、平成27年の労働基準法などに関する司法事件の状況をまとめた。平成27年に同労働局が送検した司法事件は15件。前年に比べ1件増加した。労働基準法および最低賃金法関係が5件(前年4件)、労働安全衛生法関係が10件(前年10件)だった。 発覚の契機別にみると、災害調査が8件と最も多く、以下監督指導が3件、告訴・告発……[続きを読む]

2016.03.30 【社労士プラザ】
助成金活用し環境改善を/新宿総合労務事務所 所長 明日 仁

 近年、助成金申請に関する問合せ件数が増加している。社労士や厚生労働省の活動が功を奏していることもあげられるが、本人申請の名の下、他士業や申請サポート業者の台頭も要因の一つである。 しかしながら、助成金制度を、「申請をすれば、簡単に、すぐに国からお金がもらえる制度」と勘違いしている依頼者も多い。一般的行政手続きは、申請を受理されれば、その……[続きを読む]

2016.03.30 【送検記事】
「報告義務知らない」 労災を隠ぺいした建設会社を送検 横浜北労基署

 神奈川・横浜北労働基準監督署(梅津克己署長)は、労働者死傷病報告を遅滞なく提出しなかったとして、㈲一丸建設(神奈川県横浜市)と同社取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで横浜地検に書類送検した。 平成25年6月、同社労働者がフォークリフトで資材を運搬していたところ、コンクリート製の柱に激突して左足を骨折し、入院が1カ月以上……[続きを読む]

2016.03.29 【書評】
【見逃していませんか?この本】「時代が追いついてきた!」と膝を打つこと請け合い/カネシゲタカシ『みんなの あるあるプロ野球GOGO!』

 「野球大喜利」をご存知だろうか。ツイッターで広げられる熱戦は、プロ野球のシーズン中、オフにかかわらず、365日繰り広げられている。  そんな野球大喜利の年に1度のお楽しみが「あるあるプロ野球」で、12球団のあるあるネタをツイッター上で募集し、1冊の本にまとめる恒例行事だ。毎年11月にネタを募集し、3月の開幕直前に刊行する。今年で5年目を……[続きを読む]

2016.03.29 【送検記事】
定期賃金2400万円支払わなかったリゾート会社を送検 鹿児島労基署

 労働者32人の定期賃金2400万円を不払い――鹿児島労働基準監督署(稲冨正則署長)は、ホテル、ブライダル、ゴルフ事業を営む錦江高原リゾート㈱(鹿児島県鹿児島市)と同社元代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで鹿児島地検に書類送検した。 同社は、平成27年3月1日~7月31日までの5カ月間、雇用している労働者の大多数に当……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ