『労働契約』の労働関連コラム

2018.10.14 【社労士プラザ】
労働契約承継に関与を/社会保険労務士法人 ネクストi.D. 代表社員 鬼頭 統治

 私は、1988年8月に全国社会保険労務士会連合会の登録を受けた。当初から、社会保険労務士会の研修に積極的に参加し、知識の涵養に努めてきた。その頃、連合会が1985年1月に発行した「改訂社会保険労務士業務の理論と実務」という赤本を座右の書として、何度も読んだ。 愛知県社会保険労務士会は5年、10年毎に「愛知県社会保険労務士会○年のあゆみ」……[続きを読む]

2018.05.12 【書評】
【今週の労務書】『雇用は契約 雰囲気に負けない働き方』

雇用を基本から見直す  「雇用」は民法上の典型契約にも挙げられている紛れもない「契約」であるが、当事者自身が契約内容を把握しておらず、それが様ざまな問題の根源になっていることを鋭く指摘しているのが本書である。  とくに問題視するのが「契約期間」。相当な割合の労働者が、自分が無期雇用か有期雇用か、有期ならいつまでの契約なのかを認識していない……[続きを読む]

2018.05.10 【社説】
【主張】フリーの保護は最小限に

 厚生労働省は、先ごろフリーランスに対する保護のあり方を提言した検討報告をまとめた。保護対象としているのは、「経済的従属性」を強いられるフリーランスとしているが、厚労省が雇用関係にない働き手に法的保護を提供する必然性はない。 仮に保護を図るにしても、法的拘束力のないガイドラインに留めるべきであろう。規制強化と受け止められて、フリーランスの……[続きを読む]

2016.03.12 【マンガ・こんな労務管理はイヤだ!】
労働条件の明示

使用者は、労働契約締結の際に賃金およびその他の労働条件を明示しなければならず(労基法15条1項)、労働契約締結の際に明示された条件と事実とが相違する場合、[続きを読む]

2016.03.07 【書評】
【今週の労務書】『図解でわかる労働者派遣 いちばん最初に読む本』

労働者を受け入れる前に 本書は、派遣労働者を受け入れる派遣先事業者と労働者派遣事業を営む派遣元事業者に向けて労働者派遣の仕組みと内容、業務の流れを解説したもの。 とりわけ初めて労働者派遣に携わる派遣先などをターゲットにし、分かりやすさを追求しているのが特長。一つの項目につき原則として見開き2ページで簡潔に解説し、書式やイラスト、表も多く用……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ