【今週の労務書】『図解でわかる労働者派遣 いちばん最初に読む本』

2016.03.07 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働者を受け入れる前に

Amazonにリンクします

 本書は、派遣労働者を受け入れる派遣先事業者と労働者派遣事業を営む派遣元事業者に向けて労働者派遣の仕組みと内容、業務の流れを解説したもの。

 とりわけ初めて労働者派遣に携わる派遣先などをターゲットにし、分かりやすさを追求しているのが特長。一つの項目につき原則として見開き2ページで簡潔に解説し、書式やイラスト、表も多く用いている。

 派遣時に必須となる労働者派遣契約については、「基本契約」と「個別契約」それぞれの法定事項や留意すべき事項を盛り込んだモデル契約を示した。

 モデル契約を参考にすれば、初めて契約を結ぶ派遣先事業者であっても法定事項などの記載漏れを心配せずに済むだろう。

(佐藤広一、星野陽子著、アニモ出版刊、TEL:03-5206-8505、1800円+税)

平成28年3月7日第3055号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ