【今週の労務書】『実務解説 改正労働者派遣法対応マニュアル』

2013.01.21 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

業界の資質向上訴える

Amazonにリンクします

 筆者は、労働新聞社開催の派遣元責任者講師も務める気鋭の人材ビジネスコンサルタント。逐条解説ではなく、「派遣事業の流れに沿った」解説で、受講者たちから好評を博している。

 本書では、その語り口をそのままに、さらに壮大な「派遣宇宙観」を開陳している。法律学者とは別の角度から、業界規制の現状を分析しているが、行間からにじみ出るのは、派遣ビジネスに対する熱い思いだ。「直接雇用への誘導のみが、労働者保護ではない」という主張は傾聴に値する。

 日頃、派遣業界の社会評価の低さを嘆いている実務担当者の方々など、しばし、「小松ワールド」に心を遊ばせてはいかがだろうか。

(小松太郎著、レクシスネクシス・ジャパン刊、TEL:03-5787-3512、1900円+税)

平成25年1月21日第2905号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ