【新型コロナウイルスの企業対応・労務管理】テレワーク関連記事まとめ

2020.03.26 【新型コロナウイルスの企業対応・労務管理】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働新聞社ウェブサイト上に掲載している新型コロナウイルス関連記事の中から、主にテレワークに関するものをまとめました。企業での対応などにぜひお役立てください。

ニュース

テレワーク情報集約 コロナ対策「第2弾」で 厚労省
厚生労働省は、「新型コロナウイルス感染症対策テレワーク導入お役立ち情報」を同省ホームページ上に掲載した。同感染症対策本部が公表した「緊急対応策第2弾」において…

コロナ対策 テレワーク導入支援を 中小にコンサル実施 東商要望
東京商工会議所(三村明夫会頭)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う東京都への緊急要望を取りまとめた。都内経済への影響を最小限に抑えるため、…

約7割の企業でテレワーク推奨 経団連調べ
経団連は、「新型コロナウイルス感染症拡大防止対策各社の対応に関するフォローアップ調査」結果をまとめた。同感染症への対応として、…

テレワークへ助成金 250万円上限に経費補助 東京都
東京都は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、中堅・中小企業におけるテレワーク導入を支援する助成金制度を創設した。250万円を上限に、…

新型コロナ対策で無料電話相談 全国社労士会連合会
全国社会保険労務士会連合会(大野実会長)は3月12日、新型コロナウイルス感染症対応のための労務管理・労働相談ダイヤルを開設した。…

【今週の視点】今こそテレワーク導入を コロナ特例助成使い
新型コロナウイルスによる感染症の拡大で、にわかにテレワークが注目を集めている。今こそ、大地震発生なども見越しながら制度の整備を行いたい。…

風邪症状社員に休暇取得勧奨を 新型肺炎・基本方針
厚生労働省は、「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を作成した。企業に対して、風邪症状などを有する職員への休暇取得勧奨やテレワーク、時差出勤を「強力に呼びかける」よう求めている。…

「半休とセット」から テレワーク未導入ならば 東京テレワーク推進センター
半日の有給休暇取得+半日テレワークから始めるのが効果的――本紙で2016年に連載を執筆していた社会保険労務士法人NSRの武田かおり社労士が東京テレワーク推進センター主催のセミナーで、企業の労務管理担当者に向けてこのようなアドバイスを送っている。…

新型コロナ 「在宅勤務」で対処へ 時差出勤も広がる
新型コロナウイルスの流行を懸念し企業間で対策が広まっている。GMOグループは、全社員を原則的に在宅勤務扱いとし、出社せざるを得ない場合には混雑を回避する時差出勤などを求める。…

Q&A

緊急でテレワーク実施したい
Q テレワークを検討していたところ、新型コロナウイルスにより緊急で前倒しすることにしました。就業規則を変更している時間はありません。問題ないでしょうか。…

安全衛生委員会もテレビ電話?
Q 長時間労働等の面接指導ですが、テレビ電話等による方法が認められていたはずです。安全衛生委員会などもみんなで会議室に集まらない方法も認められるのでしょうか。…

あわせて読みたい

ページトップ