労働関連コラム

2018.10.31 【監督指導動向】
新潟大学で寄附講座 労働法の基礎知識を伝達 新潟労働局

 新潟労働局は、10月から新潟大学で、寄附講義「キャリア形成と法制度」を開講した=写真。学生に対し、労働法制の基礎知識を周知することが目的。昨年に引き続き、今年で2回目となる。  同講義は、全15回。同労働局の部長や課長が講師を務める。講義内容は、労働時間や最低賃金といった基礎的な内容から、労災保険や雇用保険制度、女性活躍推進など多岐にわ……[続きを読む]

2018.10.31 【送検記事】
はしごからの墜落で脊髄損傷の重症 電気設備工事業者を送検 日光労基署

 栃木・日光労働基準監督署は、はしごから墜落した23歳の男性労働者がせき髄損傷の重症を負った労働災害で、谷村電機㈱(栃木県宇都宮市)と同社の現場代理人を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで宇都宮地検に書類送検した。 同社は電気設備工事や制御盤・配電盤の製造などを営んでいる。労働災害は平成30年7月17日、同社が機械……[続きを読む]

2018.10.30 【監督指導動向】
1割強の事業者で違反発覚 兵庫労働局・30年最低賃金重点監督結果

 兵庫労働局は平成30年1~3月に、最低賃金の履行確保を目的として488事業場に対して実施した重点監督結果を取りまとめた。13.9%に当たる68事業場で最低賃金法の違反が発覚し、是正指導を行っている。  業種別に違反率をみると、保健衛生業が54.5%とめだって高い。以下、その他21.4%、製造業15.4%、接客娯楽業11.8%、商業10.……[続きを読む]

2018.10.30 【送検記事】
港湾荷役作業で死亡労災 作業計画など定めず送検 北九州東労基署門司支署

 福岡・北九州東労働基準監督署門司支署は、労働者に荷役作業を行わせる際の安全対策を怠ったとして、関門コンテナターミナル㈱(福岡県北九州市門司区)と同社取締役総務部長兼安全管理室長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で福岡地検小倉支部に書類送検した。平成30年6月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。 被災し……[続きを読む]

2018.10.29 【送検記事】
工事現場で死亡労災 解体用つかみ機を運転していた代表取締役と会社を送検 江迎労基署

 長崎・江迎労働基準監督署は、解体工事における安全対策を怠ったとして、建設業の㈲徳新商事(長崎県佐世保市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で長崎地検平戸支部に書類送検した。平成29年9月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。 同代表取締役は、松浦市内の木造住宅解体工事現場において、解体用……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ