労働関連コラム

2017.01.31 【社労士プラザ】
社員が活躍できる組織へ/アールスリー労務管理事務所 代表 鈴木 理沙

 平成26年3月1日、「もっとお客様のそばで役に立ちたい」という想いから独立開業し、もうすぐ3年を迎えようとしている。開業当初の想いは今も変わらず、日々お客様が望んでいらっしゃることに共感し、意思決定と実行のサポートを行っている。  当初は顧問先も資金もなく、勤務していた会社を退職する頃は「本当に大丈夫なのだろうか」と思い、開業したら当然……[続きを読む]

2017.01.31 【監督指導動向】
「正社員雇用」強化へ 2月までを強化月間 高知労働局

 高知労働局は、平成29年1~2月を「正社員就職強化月間」に定め、正社員就職・正社員転換の実現に積極的に取り組んでいる。全国のペースを上回る速さで進む少子高齢化や人口減少に歯止めを掛けるため、正社員雇用を増やすことによる定住者の増加をめざしている。 同労働局は今後、県内主要4経済団体へ幹部が訪問し、正社員採用の強化を要請する予定。2月には……[続きを読む]

2017.01.30 【社説】
【主張】大企業の摘発に終止符を

 過重労働撲滅特別対策班の活躍などにより、有名大手企業の労働法令違反摘発が相次いでいる。社会の模範となるべき上場企業が、実態は労働者を酷使するブラック企業であることが複数で明るみに出てしまった。大手企業は、これを機に雇用ルールを再確認し、法令違反のない職場を率先して確立すべきである。…[続きを読む]

2017.01.30 【送検記事】
機械点検業者がクレーンを「無資格運転」し書類送検 堺労基署

 大阪・堺労働基準監督署は、天井クレーンを無資格者に運転させたとして、製鉄機械の据付け、点検、メンテナンス業の㈲ヒデル機工(大阪府堺市堺区)と同社取締役を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。平成28年9月に発生した死亡労働災害の調査から発覚している。 被災者は、堺市堺区の顧客会社において天井クレーンの点検……[続きを読む]

クレーン 操作盤
2017.01.28 【書評】
【今週の労務書】『図解でやさしくわかる! 給与計算事務最強ガイド』

給与明細から仕事を概観 毎月の給与計算から納付すべき税金や社会保障費の計算、年末調整の方法まで担当者が知っておくべき基礎知識を網羅的に説明したのが本書。各項目見開き2ページで簡潔に説明して検索性も高い。 給与明細という身近なところから給与計算事務の概要をつかんだ後、たとえば、年末調整では、扶養親族の状況や毎月の給与などを各人ごとに記載した……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ