『小売業』の労働関連コラム

2019.06.10 【社説】
【ひのみやぐら】多店舗展開企業にメス

 24時間営業の是非が話題になったコンビニをはじめ、スーパーやホームセンター、ファミレス、回転寿司、居酒屋の多くは「多店舗展開」が特徴だ。企業本部が直営あるいはフランチャイズの形で複数の店舗を各地で運営するケースが多く、「どこへ行っても同じサービスが受けられるなんて!」と驚く訪日外国人観光客が多いとも聞く。  翻って我われ日本人の目には、……[続きを読む]

2019.05.24 【Web限定ニュース】
飲食・小売業の転倒防止で動画 つまずきやすい場所把握し整理を 厚労省

 厚生労働省は、第三次産業の「転倒」「腰痛」の防止を図るための動画教材を作成し、今年3月からyoutube上で公開している。動画は、飲食店・小売業と社会福祉施設向けの2種類。転倒災害については、滑り・踏み外し、つまずきの災害事例を映像で紹介。防止のためのポイントとして、こまめな掃除や整理整頓、滑りにくい靴の装着、普段から滑りやすい場所を把……[続きを読む]

2019.04.23 【Web限定ニュース】
「10連休」の中小企業は2割 大阪信金・ゴールデンウィークに関する調査で

 大阪信用金庫は、大阪府内および兵庫県尼崎市の中小企業を対象に実施したゴールデンウィークの稼働状況に関する調査結果を公表した。  調査は平成31年3月上旬に郵送・聞取り形式で実施し、1527社から回答を得たもの。  ゴールデンウィークを10連休にする企業は20.1%だった。「5日以上」の24.1%と合わせて、約45%の企業が連休の半分以上……[続きを読む]

2019.04.16 【送検記事】
赤字経営続き賃金不払い 小売業者を書類送検 津労基署

 三重・津労働基準監督署は、賃金不払いを理由として、サプリメントなどを販売する小売業の㈱ウエルネット(三重県津市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで津地検に書類送検した。  同社は、労働者3人に対し、平成29年12月~30年3月分の賃金を支払わなかった。総額で210万4281円に上る。29年8月から、賃金の支……[続きを読む]

2019.02.22 【監督指導動向】
小売業の労災増加に歯止めを厚労省がトップセミナー開催

 厚生労働省は2月19日、小売業・飲食店の事業主を対象とした労働災害防止のためのトップセミナーを全日通霞が関ビル(東京・千代田区)で開催した。  第三次産業では災害が増加傾向にあり、なかでも小売業・飲食店は発生件数の多くを占める。講師を務めた厚労省の奥野副主任中央安全専門官は、小売店、飲食店にも安全衛生管理体制の構築が必要とし、安全管理者……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ