個人規模のスーパー 最低賃金未満で労働者を雇用 複数回の是正指導に応じず書類送検

2019.01.21 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

立件前に捜索・差押えも

 北大阪労働基準監督署は、平成30年10月に大阪府の最低賃金額である1時間936円以下の賃金で労働者を雇用したとして、㈱みんなのスーパー(大阪府四條畷市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。

 同社は30年10月、労働者5人に対して、1時間当たり909円しか支払っていなかった疑い。

 同労基署は、「最低賃金に関する臨検を契機として、数年前から適正な賃金を支払うよう複数回の是正指導をしてきた」と話している。具体的にいつからどの程度の是正指導をしてきたかは非公表。

 立件に向けて30年11月には、店舗に対して捜索・差押えを実施した。

【平成30年12月25日送検】

あわせて読みたい

ページトップ