送検覚悟で賃金不払い続ける 遅配吹聴したことに社長が激怒 福岡中央労基署

2019.02.04 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 福岡中央労働基準監督署は労働者2人に1カ月分の賃金を支払わなかったとして、㈱Nisi翔(福岡県大野城市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで福岡地検に書類送検した。

 同社は屋根工事業などを営んでいる。代表取締役は労働者2人に対し、平成28年7月分の賃金計36万1881円を所定支払期日に支払わなかった。不払いは資金繰りの悪化によるものみられる。立件対象となった上記の期間以外にも不払いはあり、2人の労働者には平成28年6~8月までの賃金計57万2000円あまりが支払われていなかった。

 違反は平成28年8月に、労働者から北九州西労基署に相談があり発覚した。同労基署は29年3月に文書で行政指導をした。1人の労働者には平成30年12月に不払いとなっていた賃金を全額支払ったが、もう1人への支払いは拒み続け、是正指導に応じなかったため、送検に至った。

 同社では従前から賃金の遅配などがあったという。労働者が取引先に「賃金が支払われないのでなんとかしてほしい」と働きかけたことで、会社との関係が悪化。感情的になった代表取締役は「絶対に支払わない。是正指導には応じない」と支払いを拒み続けている。送検は覚悟の上で不払いを続けているものとみられる。

 同社は現在も営業を続けている。そのため、労働者は未払い賃金立て替え払い制度の対象とならず、救済が図られない状況にある。

【平成31年1月17日送検】

あわせて読みたい

ページトップ