『安全パトロール』の労働関連コラム

2019.12.20 【監督指導動向】
製鉄所で安全パトロール 機械の挟まれ防止対策を確認 茨城労働局

 茨城労働局(福元俊成局長)は12月9日、JFE条鋼(株)鹿島製造所(茨城・神栖市)で安全パトロールを実施し、製鉄現場の労働災害防止対策を確認した。  福元局長は、工場内の歩車分離や機械設備の挟まれ・巻き込まれ災害防止対策を視察。団塊の世代の技術者の退職に伴って作られた技能伝承のための施設では、工具・保護具の安全な使用方法などを体感した。……[続きを読む]

2018.07.26 【社説】
【ひのみやぐら】トップの姿を見せるパトを

 先月の全国安全週間では、多くの都道府県で労働局長によるパトロールが行われた。対象になった事業場は、地域の安全衛生行政トップが視察に訪れたことで、身の引き締まる思いとなったに違いない。また、事業場で働く人たちにも、よい緊張感を与えたのではなかろうか。労働局長によるパトロールは、行政が労働災害防止に対して本気で取り組むことをアピールすること……[続きを読む]

2018.06.29 【監督指導動向】
労災防止へ積極的なコミュニケーションを 大阪労働局・局長パト

熱中症対策を高評価 大阪労働局は、全国安全週間の準備期間である6月1日、国立循環器病研究センター移転建替整備事業現場へ局長パトロールを実施した=写真。減少に転じない墜落・転落災害および熱中症の防止に向けて警鐘を鳴らしている。 挨拶に立った田畑一雄局長は建設業の労働災害の現状について、「死亡災害は、過去最小だった一昨年と比べてほぼ倍増の20……[続きを読む]

2017.12.28 【監督指導動向】
河川増水への注意促す 久大本線橋梁復旧工事現場をパトロール 大分労働局

 大分労働局は、九州北部豪雨で流出した久大本線の花月川橋梁の災害復旧工事現場に対して安全パトロールを実施した。 当日は、クレーンを使用した杭打ち作業などを視察。適切に玉掛けや合図を行っているか、作業領域へ労働者が立ち入ることを防止しているか、落下物への対策をしているかなどについて確認している。全国的に建設業において発生件数の多い墜落災害に……[続きを読む]

2017.10.11 【監督指導動向】
県魚市場物流センター新築工事現場へパトロール 埼玉労働局

 埼玉労働局と同県内8つの労働基準監督署は9月5日、建設業労働災害防止協会埼玉県支部と連携し、県内の建設現場に対する一斉安全パトロールを実施した。 同労働局の荒木局長は戸田建設が請け負う(過称)㈱埼玉県魚市場物流センター新築工事現場で、足場や各現場に備え付けられたKY活動表などを視察=写真。「それぞれの作業現場にKY活動表があるのはいい取……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ