河川増水への注意促す 久大本線橋梁復旧工事現場をパトロール 大分労働局

2017.12.28 【監督指導動向】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

画像はイメージです

 大分労働局は、九州北部豪雨で流出した久大本線の花月川橋梁の災害復旧工事現場に対して安全パトロールを実施した。

 当日は、クレーンを使用した杭打ち作業などを視察。適切に玉掛けや合図を行っているか、作業領域へ労働者が立ち入ることを防止しているか、落下物への対策をしているかなどについて確認している。全国的に建設業において発生件数の多い墜落災害についても見回っている。

 パトロール後の講評では担当課長らが、「工事現場が河川なので、増水のおそれがある。それへの想定をして作業を進めてほしい」などと話している。

あわせて読みたい

ページトップ