県魚市場物流センター新築工事現場へパトロール 埼玉労働局

2017.10.11 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

安全パトロール、建設業、労働局 埼玉労働局と同県内8つの労働基準監督署は9月5日、建設業労働災害防止協会埼玉県支部と連携し、県内の建設現場に対する一斉安全パトロールを実施した。

 同労働局の荒木局長は戸田建設が請け負う(過称)㈱埼玉県魚市場物流センター新築工事現場で、足場や各現場に備え付けられたKY活動表などを視察=写真。「それぞれの作業現場にKY活動表があるのはいい取組み」と評価した。

 パトロール後には「今も現場に数人の外国人労働者がいるとのこと。今後、現場に外国人労働者が入ってくることは避けられない。現場の注意表示や教育の仕方などを考えてもらいたい」などと講評した。

あわせて読みたい

ページトップ