【ひのみやぐら】心理的に仕事と距離を置く

2018.08.09 【社説】

 古い話で恐縮だが、15年ほど前に家具店でソファを買ったときのことだ。ちょっと、確認したいことがあったので、家具店に電話を入れたところ、担当者が休日で分からないという。とくに急ぎの用ではないので、日を改めて電話をすることにしたが、2~3時間後に家具店から折返し電話がきて、要件は無事確認できた。

 家具店側が担当者の携帯電話に連絡を入れ、要件を確認したとのことだが、せっかくの休日に、仕事のことを思い出させるようなことをして何か申し訳ないような気持ちになったのを覚えている。おそらく店側としては、顧客満足度に対する考えが強かったのではと想像する。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成30年8月15日第2312号

あわせて読みたい

ページトップ