【ひのみやぐら】建設業も「働き方改革」

2017.05.10 【社説】

電通の過労自殺やヤマト運輸に代表される人手不足問題が新聞紙上を賑わせている影響で、「働き方改革」が社会的注目を浴びている。もちろん、働き方を見直そうという動きは、ホワイトカラーや運送業に限ったことではない。建設業でも、大きな波が押し寄せている。「建設工事従事者の安全および健康の確保の推進に関する法律」が3月16日に施行されたが、基本計画を推進するに当たって関係機関相互の調整が必要なことから「建設工事従事者安全健康確保推進専門家会議」を設置することになった(3月15日号ニュース欄既報)。このほど、第1回目の会合が行われている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成29年5月15日 第2282号

あわせて読みたい

ページトップ