【ひのみやぐら】長時間労働減へ文化を改革

2017.08.10 【社説】

 「長く働いた人が評価されると思っている」「上司が帰らないと部下は帰宅できない」「自分が納得するまで仕事をしてしまう」――。生産性とは関係のないところで、長時間労働となっていることが少なくない。もちろん、経済的な理由などで長時間労働が強いられていることも多いが、前者のような企業文化に根がある要因は、根絶していくべきだろう。「働き方改革」を進めている今、この流れを止めてはならない。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成29年8月15日 第2288号

あわせて読みたい

ページトップ