令和3年度個別労働紛争解決制度の施行状況―「いじめ・嫌がらせ」が最多、「解雇」は前年度より減少(厚労省)

2022.07.01 【労働行政最新情報】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、令和4年7月1日、「令和3年度個別労働紛争解決制度の施行状況」をまとめ、公表した。

 ポイントは以下の通り。

1 総合労働相談件数、助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数は前年度より減少
 総合労働相談件数は124万2,579件で、14年連続で100万件を超え、高止まり

2 民事上の個別労働紛争における相談件数、助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数の全項目で、「いじめ・嫌がらせ」の件数が引き続き最多
・ 民事上の個別労働紛争の相談件数は、86,034件(前年度比8.6%増)で10年連続最多
・ 助言・指導の申出は、1,689件(同7.8%減)で9年連続最多
・ あっせんの申請は、1,172件(同7.1%減)で8年連続最多

3 民事上の個別労働紛争における相談件数、助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数の全項目で、「解雇」の件数が前年度に比べ減少
・ 民事上の個別労働紛争の相談件数は、33,189件で、前年度比12.3%減少
・ 助言・指導の申出は、736件で、同23.5%減少
・ あっせんの申請は、743件で、同24.4%減少

▼詳しくはこちらをご覧ください。

「令和3年度個別労働紛争解決制度の施行状況」を公表します
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/newpage_00108.html

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。