【安全衛生・お薦めの一冊】『ひと目でわかる労災保険給付の実務』

2022.05.27 【書評】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

提出先の経路を図解

 労働災害は起こらないに越したことはない。しかし、どんなに安全活動を徹底していても労働者が被災することはあり得る。そんなとき、労災保険の流れを十分把握しているかどうかが重要になる。本書は、業務災害・複数業務要因災害・通勤災害・第三者行為災害など、労災保険給付に関する諸手続きについて、要点を簡潔にまとめた手引き。ひと目で分かると銘打っているように、請求書などの全様式〈記載例〉では、提出先の経路を図解するなど、理解しやすい形で示している。

 労災保険給付Q&Aは、イラストを用いながらさまざまな知識が学べる。第三者行為災害の関係では、営業社員が客先に納品する途中、別の運送会社の車に衝突された事例について、自動車事故で被災した場合は、相手方に損害賠償の責任が生じるのが通常と指摘。自賠責保険と労災保険の給付が同一の損害に支払われないよう調整されるとした。

(労働新聞社編・刊、TEL:03-5926-6888、B5判、368ページ、税込2640円)

弊社サイトで購入する

2022年6月1日第2403号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。