【安全衛生・お薦めの一冊】『ひと目でわかる労災保険給付の実務〈平成27年改訂版〉』

2015.06.01 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

全様式の記載例を網羅

Amazonにリンクします

 労災保険給付は、災害の多様化に伴い請求手続きも多岐にわたる。そんな煩雑になりがちな諸手続きのポイントを分かりやすく解説するだけでなく、請求書などのすべての様式(記載例を含む)についても提出先の経路を図示したのが本書だ。

 印鑑の押印の仕方から書き損じた場合の訂正方法まで指南するなど、実務経験の少ない初心者にも優しい内容になっている。

 とくに第二章の「全様式の解説と手続の経路図解及び記載例」では、例えば「業務上で病気やけがをしたとき」(様式第7号)に関し、イラスト入りで①診察を受ける~⑥療養の費用の支給までを一目で理解できるよう表記し、(1)~(5)までの記載例を1ページごとにそのまま盛り込んでいるので非常に便利だ。

 また、第一章の「労災保険の基礎知識」では、4コママンガを用いるなどの工夫がみられる。

(三信図書編・刊、TEL:03-3263-4774、B5判、339ページ、2300円+税)

関連キーワード:
平成27年6月1日第2235号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ