【安全衛生・お薦めの一冊】『ここがターニングポイント! フローチャート 失敗事例から学ぶ職場のメンタルヘルス不調防止対策』

2017.07.04 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

どうすれば健康障害防げたか

Amazonにリンクします

 社員のメンタル不調の発生・悪化を防ぐ対策を、過去の失敗事例から引き出したのが『失敗事例から学ぶ職場のメンタルヘルス不調防止対策』。裁判例を材料にどの時点でどんな対応をすれば改善が図れたか、出来事の経過をフローチャートにすることでひと目で分かるようにしたのが特長だ。

 「急ぎのプロジェクト! ~リーダーに無理をさせ続けると?」では、リーダーのAさんが不眠症や神経症と診断された段階で、会社は健康状態の早期確認を行う体制になかったため、Aさんはうつ病になり慰謝料を支払うことになった。体制の確立とその後の仕事量の調整がカギとした。

 昇進させた従業員や職場のいじめなど13事例のリスクと予防策を確認できる。

(金ヶ崎絵美著、第一法規刊、288ページ、2000円+税)

平成29年7月1日第2285号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ