新型コロナウイルス 休業や助成金関係で相談めだつ 兵庫労働局が集計

2020.03.24 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 兵庫労働局は、「新型コロナ感染症の影響による特別労働相談窓口」における相談状況を取りまとめた。休業や雇用調整助成金に関する相談がめだっている。

 窓口は令和元年2月14日に開設しており、集計データは同月末時点のもの。

 相談者110人の内訳は、事業主74人、社会保険労務士15人、労働者13人などとなっている。業種別では、製造業26件、道路旅客運送業12件、医療・福祉10件の順に多い。

 相談内容をみると、休業が44件で最も多く、雇用調整助成金が27件で続いた。以下、安全衛生10件、休暇6件、解雇・雇い止め5件――などと続く。

あわせて読みたい

ページトップ