【安全衛生・お薦めの一冊】『担当者の共通の悩みはコレ! 条文だけでは分からない労働安全衛生の実務Q&A』

2020.03.27 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

判断迷う事案に回答

 安全衛生実務者向けのWEB上コンテンツ「安全衛生セレクション」に寄せられた法令解釈についての相談と回答をまとめた本書。元労働基準監督官の筆者が、安全衛生法令条文と通達による解釈を中心に、誤りやすい事案を取り上げて詳しく解説をしていく。

 「作業主任者は2つの作業場を担当できるか」といった安衛管理体制の質問から、具体的な危害防止措置、さらに労働者の教育に至るまでをカバー(上記質問の回答は「事業場が近接し、随時作業主任者の職務を遂行できるなら差し支えない」)。他にも、「手袋が禁止される工作機械は?」「高所作業車から建物への乗り移りは法違反?」など、実務担当者が判断や解釈に迷いそうな疑問を集めている。

 法令理解の助けになるとともに、効果的な労働災害防止対策を講じるためにも、手元に置いておきたい一冊。

(中山絹代著、第一法規刊、TEL:0120‐203‐694、A5判、268ページ、2800円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

2020年4月1日第2351号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ