【今週の労務書】『コミュニケーショントレーニング 人と組織を育てる』

2012.08.27 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

人・組織育てる24の手法

 本書は、コミュニケーション能力を高めるための24のトレーニング手法を紹介したもので、具体的な進行方法から受講可能な人数や所要時間まで、運営に当たって必要な情報が学べる。いずれの手法も短時間で済み、かつ大がかりな準備も不要で、社内で気軽に取り組める。

 著者は、ビジネス・医療などの領域で対人サービス職の教育に携わってきた大学准教授。仕事を離れたプライベートな関係が希薄になった職場の現状を指摘しつつ、性別に関係なくワーク・ライフ・バランスが問われる今日では、インフォーマルな関係の構築を補う工夫が必要と説く。話し方・聴き方の学習だけでなく、リーダーシップ開発や相互理解を図る手法も取り上げ、複数を組み合わせて行う際のプログラム例も示している。

(諏訪茂樹 著、経団連出版 刊、TEL:03-6741-0043、1800円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

平成24年8月27日第2886号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ